FC2ブログ

プロフィール

The Twilight of Santa Monica Beach,Los Angeles

トレヴィの泉

Author:トレヴィの泉
緩くまったり生きている独身貴族です。
趣味は旅行と食べ歩き&バイオリン(下手)


visitor


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


管理人へご連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:バイオリンレッスン
レッスン54回目

エチュードは合格を頂けたので次の曲へ
楽曲は16部音符のデタッシェが指の回りと運弓が
いまいち噛み合わないので教えて頂いた。
やはり弾き始めの弓の位置。
先端から初めて16部音符に来る時に
弓が真ん中から先端になる様に計算
しながら使わないとならない。

デタッシェは腰の筋肉を意識する。
膝を少しまげて股関節を少し前、
腰の後ろの筋肉から背骨は伸ばす。

それでもまだまだ納得の行く音、運弓
にはならないけどあとは自習だな。
始めはゆっくりしたテンポで初めて
ジワジワ早くして練習をしてみよう。
あくまで、右手の動きに左手を当てはめて
いくらしい。
さすが、右手の楽器、バイオリン。
運弓が最重要である。



毎度苦労する最小フレーズを見極める事。
大抵の曲が第3、第4小節にくることが多いらしい。
最小フレーズでグループ分けをすると
次のグループになる時に所謂小さな物語が変わる。
変わるならば、その変わる一拍目にアクセントを
置かなければならない。
平坦な演奏になってしまうから。

そんな事を考えながらプロ奏者の曲を聴いてみると
確かにアクセントをつけている。
あまりに自然すぎて、かつ滑らかで意識するまで
気が付かなかった。 このフレーズの見極めは
マスターしないといけない。






スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 リーマンとバイオリン all rights reserved.Powered by FC2ブログ